多度津駅は、香川県仲多度郡多度津町栄町にある、JR四国・JR貨物の駅。

多度津たどって宇多津w

讃岐鉄道以来の伝統を持つ車両工場があったり、昭和38年までは琴平参宮電鉄多度津線が通っていたりと鉄道に縁の深い多度津でござんす。駅前にはSLが鎮座してます。






ちょっと駅前を覗いて見たかっただけなんで、すぐに本来の目的だった宇多津のバッティングセンターへ移動してしまいましたとさ。



JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    多度津駅(たどつえき)は、香川県仲多度郡多度津町栄町三丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅。駅案内パネルのコメントは「四国鉄道と少林寺拳法発祥の駅」。予讃線を所属線とし、土讃線を加えた2路線が乗り入れ、その分岐駅となっている。土讃線は当駅が起点であるが、予讃線高松駅方面へ直通する列車が数多く設定されている。すべての特急列車が停車する。駅番号は予讃線がY12、土讃線がD12である。車両工場(多度津工場)と多数の留置線が併設されたJR四国の要衝であり、乗務員区所である多度津運転区も併設されている。予讃線高松方面から続く複線区間はこの駅で終わり、予讃線松山方面や土讃線方面は単線になる。かつては高松駅発着・岡山駅発着の特急列車がこの駅で分割・併合を行っていた。2002年(平成14年)3月23日のダイヤ改正後にその役割は宇多津駅に移されたが、特急「しおかぜ」・「いしづち」の下り4本・「南風」・「しまんと」の下り1本は現在も当駅で併合を行っている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)