海士町

スポンサー広告

海士町(島根県)の「フタw」Part5

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

島根県隠岐郡海士町(島根県・隠岐地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その5です。(撮影or提供/ゴールドマン様)

ama05

隠岐民謡キンニャモニャを踊るキンニャモニャ踊りの様子が描かれているカラー蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot海士町

海士町(あまちょう)は島根県隠岐郡の町である。隠岐諸島の島前三島のひとつ・中ノ島に位置する。古代の隠岐国海部郡3郷・布施郷、佐作郷、海部郷の地である。1221年には後鳥羽上皇が海部郡に流刑となり、源福寺を配所として崩御するまで19年間暮らした。1939年、上皇の700年祭を記念して隠岐神社が創建された。江戸時代には松江藩の支配を受け町域は海士村、豊田村、崎村、宇津賀村、知々井村、福井村、太井村に分かれていた。1904年に1郡1村の海士郡海士村となり、村役場を海士に置いた。村の人口は1950年に6,986人とピークを記録したが、その後は一貫して減少している。1969年1月1日に海士町に昇格。同年、旧隠岐国4郡が合同して1郡となり隠岐郡海士町に改称した。農林水産業と共に建設業が大きな産業となっており、建設業の従事者数は191人と全産業従事者数の15.9%を占める。1953年の離島振興法制定以後漁港や道路などの公共事業が多く行われてきたが、近年の国・地方自治体の財政難から公共事業が減少し厳しい状況となっている。近年は「隠岐牛」のブランド化やCAS凍結システム導入による海産物の鮮度向上など様々な産業振興の取り組みが行われており、雇用創出や定住者の増加などの効果を挙げている。

島根県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示