旭川市

スポンサー広告

旭川市(北海道)の「フタw」

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

旭川市(北海道・上川地方)の「マンホール蓋=街のフタw」その1です。(撮影or提供/さまようよろい様)

旭川の頭文字Aをバックにクロスカントリーの旭川国際VASAスキー大会の選手を描いた蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot旭川市

旭川市(あさひかわし)は、北海道にある市。上川総合振興局所在地。2000年(平成12年)4月1日に中核市となる。北海道中央部に位置し、道北の経済、産業、文化の中心都市である。国道や鉄道路線の終起点となり高速道路が整備されているなど道内物流の拠点となっており、旭川空港は東京・名古屋・大阪などへ直行便が就航している。「国際会議観光都市」に認定されており、年間500万人以上の観光入込客数がある。旭川市旭山動物園は日本最北かつ全国有数の動物園になっている。また、旭川にゆかりのある文学者や芸術家も多く、市内各所に野外彫刻作品が置かれているほか(旭川の野外彫刻)、旭川家具をはじめとした木工業が盛んである。「旭川」という地名は開村の告示で村名として初めて登場した。その由来は諸説あり定かではないが、アイヌ語で忠別川を指す「チュプ・ペッ」(ラテン文字表記:cup-pet。「チュプ」は「日」の、「ペッ」は川の意味)を語源にしている説がある。その「日」を「旭」に置き換えて「旭川」にしたと言われている。北海道内最大の盆地となる上川盆地にあり、石狩川、牛朱別川、忠別川、美瑛川などの河川合流部に位置している。市西部に幌内山地、天塩山地、嵐山丘陵が南北に連なっており、石狩川は幌内山地を侵食して神居古潭渓谷を形成している。「神居古潭渓谷の変成岩」は日本の地質百選に選定されている。市北部に比布丘陵、市東部に米飯山地が分布している。突哨山(とっしょうざん)には日本最大級のカタクリ群落がある。

北海道のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示