五島市

スポンサー広告

五島市(長崎県)の「フタw」

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

五島市(長崎県・五島地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その1です。(撮影or提供/YOKA2TAYO2様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot五島市

五島市(ごとうし)は、長崎県の西部、五島列島の南西部に位置する市である。2004年8月1日に福江市、南松浦郡富江町、南松浦郡玉之浦町、南松浦郡三井楽町、南松浦郡岐宿町、南松浦郡奈留町の合併(新設合併)により誕生した。長崎港から約100キロメートルの位置にあり、11の有人島と52の無人島により構成されている。肥前国風土記に記されている伝承によれば、景行天皇筑紫巡幸のみぎり、五島列島は値嘉島(ちかのしま)と呼ばれ、小近の大耳、大近の垂耳という「土蜘蛛」が居たという。また福江島の北西部に位置する柏崎は東シナ海を横断する遣唐使船の最後の停泊地として有名であった。離島であるため市外からのアクセスは航路、空路を利用する。なお、本土からの距離が遠く船舶でのアクセスは多少時間がかかる。市内の交通の中心は自動車(自家用車、路線バス、タクシー)。道路整備は旧福江市内を中心に郊外の隅々まで行われている。2001年より、アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎が行われており、日本各地、世界各国から沢山の人が訪れている。また自然、歴史的に名の知れた建築物や場所もあり、それを求め訪れる観光客も多くいる。

長崎県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示