花巻市

スポンサー広告

花巻市(岩手県)の「フタw」Part6

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

花巻市(岩手県・県南地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その6です。(撮影or提供/特快★小僧様)

hanamaki07

中央に市章ではなく集の文字、花巻まつりの鹿踊り、新旧の市の花キクとハヤチネウスユキソウが描かれ、花巻は湯のまち詩のまち花のまちと表記されている
–PR–


WikiPedia
Screenshot花巻市

花巻市(はなまきし)は、岩手県の中西部に位置する市である。市の西部に観光地として花巻温泉郷を擁する。宮沢賢治生誕の地として有名である。花巻市は、人口約9万7千人を擁しており、盛岡市、一関市、奥州市に次ぐ県内で人口が多い市である。県南広域振興圏に位置し、双子都市の北上市と共に北上都市圏(北上・花巻都市圏)を形成している。市内には、岩手県内唯一の花巻空港を有すると共に、東北新幹線新花巻駅、東北自動車道、東北横断自動車道などの高速交通網が整備されている。地名の「花巻」はいくつか由来の説があり、中世は「鳥谷ヶ崎(とりやがさき)」と呼ばれていた。安土桃山時代末期まで稗貫氏の本拠地であったが、天正19年(1591年)の奥州仕置で没落すると、同年に南部氏の家臣である北秀愛がそれまでの「鳥谷ヶ崎」という名を「花巻」と改め、盛岡藩南境防御の要塞として花巻城の城の改修や城下町の整備に着手し、稗貫・和賀2郡の行政の中心地となったことで都市として成立した。明暦4年(1658年)、奥州街道の路線変更が行われ石鳥谷宿は新たな街道筋に移転し、延宝6年(1678年)に新たな町割が実施された。2006年(平成18年)1月1日 – (旧)花巻市、稗貫郡石鳥谷町、大迫町、和賀郡東和町が合併し、新たな花巻市となる。

岩手県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示