橋本市

スポンサー広告

橋本市(和歌山県)の「フタw」Part6

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

橋本市(和歌山県・紀北地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その6です。(撮影or提供/DoraNeko)

–PR–


WikiPedia
Screenshot橋本市

橋本市(はしもとし)は、和歌山県の最北端に位置する市である。紀の川中流に位置し、かつては材木運搬、高野山宿場町として栄えた。 現在は大阪に一番近い和歌山通勤50分圏のベッドタウンとして人口が増えており、いわゆる和歌山府民が多いのも特徴である。東西軸の京奈和自動車道・橋本道路及び、国道24号と南北軸の国道371号橋本バイパス(大阪府境以北は地域高規格道路「大阪橋本道路」)が市内中心部で交差する交通の要衝としての発展が期待されている。毎年8月15日に開かれていた「紀の川祭」では花火が夜空を焦がし大勢の人でにぎわったが、2012年を最後に無くなってしまった。2013年からは旧高野口町のかっぱ祭りと統合され、紀の川橋本 SUMMER BALLとなった。 また、10月中旬に行われる市内三社(隅田八幡神社・相賀大神社・相賀八幡神社)での秋祭りでは市内を山車が練り歩く。 大阪府岸和田市の勇壮なだんじり祭ほどの荒々しさはないが、それでも迫力は十分ある。橋本市が誕生した1955年以来51年ぶりの2006年3月1日に、橋本市と高野口町と合併し、新市名称も橋本市となった。「橋本」の名称の由来は、1588年、高野山の木喰上人応其が紀の川に橋を架けたことによる。

和歌山県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示