ひたちなか市

スポンサー広告

ひたちなか市(茨城県)の「フタw」Part7

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

ひたちなか市(茨城県・県北地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その7です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

htn07

ひたちなか市章を中央に、上下に市の花ハマギク、市の鳥ウグイスが描かれている
–PR–


WikiPedia
Screenshotひたちなか市

ひたちなか市(ひたちなかし)は、茨城県北部の市である。1994年(平成6年)11月1日に勝田市と那珂湊市が合併して発足した。水戸市、つくば市、日立市に次いで茨城県では人口第4位。旧勝田市は日立製作所の企業城下町として発展した工業都市であり、市民の多くが日立製作所と関連企業に勤め、現在でもその割合は高い。水戸市のベッドタウンでもあり、郊外型店舗が進出している。また、北関東自動車道の起点である茨城港常陸那珂港区の整備が進んでいる。旧那珂湊市は水産業を主な産業とし、また、観光資源としては平磯海水浴場・姥の懐(うばのふところ)マリンプールの他に阿字ヶ浦という有名海水浴場を持つ。かつてはサーファーが多く集まり賑わったが、最近は茨城港の開発の結果、阿字ヶ浦は海岸が侵食傾向にあり、毎年砂を補充している。ひたちなか地区にある国営ひたち海浜公園を軸に、2000年よりロッキング・オンのロック・フェスティバルなどの音楽イベントも多く行われている。茨城県の中央部からやや北東、県北地域の南端に位置する。東部の太平洋沿岸および南部の那珂川周辺の低地地区と、那珂台地と呼ばれる平坦な台地地区から成り、全域が関東平野に属する。日立グループ企業が多数立地している。特に国道6号沿いには、南から日立製作所那珂工場、水戸工場、佐和工場、東海工場と関連工場が並ぶ。現在では子会社化しているところも多く、この呼び名は必ずしも正確ではないが、交差点名には今も「佐和工場前」などの工場名が残っており、地元では変わらずこの呼び方が使われることが多い。旧那珂湊市街へは、勝田駅からひたちなか海浜鉄道湊線で那珂湊駅まで14分程度。中心となる勝田駅までは、上野駅から常磐線特急スーパーひたち・フレッシュひたちで70 – 90分。

茨城県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示