市川市

スポンサー広告

市川市(千葉県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

市川市(千葉県・千葉西域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/DoraNeko)

–PR–


WikiPedia
Screenshot市川市

市川市(いちかわし)は、千葉県北西部にある人口約47万人の市。旧東葛飾郡(葛飾郡)。千葉市、船橋市、松戸市に次いで千葉県では人口第4位。東京都特別区部への通勤率は46.5%(平成22年国勢調査)。江戸川および旧江戸川をはさんで東京都の隣、都心から15km-20km圏内に位置し、首都圏のベッドタウンとして発展している。南部は新興住宅地としてひらけているが、北部から東部にかけては傾斜地等には豊かな自然が斜面林などとして残っている。市中央部の市川、真間、菅野、新田、平田、八幡などは市の木であるクロマツも多く静かなたたずまいであり、これらの地区は戦前から東京都心(神田・日本橋・京橋等)の富豪が別荘を構え、戦後も敷地の広い邸宅が多い高級住宅地となっている。過去には永井荷風、幸田露伴(次女の幸田文、孫の青木玉も同居)、北原白秋など数多くの文人が好んで住み、市川に関する記述がある作品も多く、これら文人の足跡が市民団体や市などの手で「市川文学の散歩道」として残されている。また、このような歴史のある町なので古刹なども数多く残されている。しかしながら、近年は大邸宅も相続等の関係で切り売りされたり、マンションや駐車場に変わってしまい少なくなっている。また、車社会となり路地が狭く入り組んでいる等、不都合ともなっている箇所も多く、人口の増加や開発も進み閑静な風情も薄れつつある。千葉県の北西部にあり、市の西部は江戸川と旧江戸川を挟んで東京都江戸川区と接している。北部は松戸市、東部は船橋市、北東部は鎌ケ谷市と接し、南部は浦安市、東京湾と接する。市の南部は海抜2m程度の平野で、北部は海抜20m程度のなだらかな台地となっている。最高点は国府台地先、里見公園内で30.1m。最低点は福栄地先で0.1mとなっており、一部で海抜ゼロメートル地帯が広がる。市川・真間・菅野・八幡・鬼越近辺は、国道14号線より山側に、旧別荘地から近郊住宅地に変貌したが、黒松のある高級住宅地地域がある。

千葉県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示