海南市

スポンサー広告

海南市(和歌山県)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

海南市(和歌山県・紀北地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/さまようよろい様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot海南市

海南市(かいなんし)は、和歌山県北部沿岸部に位置する市。紀州漆器の産地。海草郡南部に位置することから市制施行の1934年にこの名称がついた。2005年4月1日に、海南市と下津町が合併して誕生し、新市名も海南市となった。市の北半分は丘陵地で比較的なだらかであるが、南半分は長峰山脈と藤白山脈を控え、山岳に覆われている。最高峰は鏡石山で558m。それ以外に熊尾寺山543m、黒沢山509mなど500m級の山が連なる。主な河川は東部を縦貫する貴志川、北部と中央部を縦貫し、和歌山市南部で海に注ぐ亀ノ川、鏡石山に水源をもち、市の中心部で海に注ぐ日方川などがある。旧海南市域には、灌漑・治水を目的とした人工池が多数見られ、中でも亀池は井沢弥惣兵衛が設計築造した農林水産省のため池百選に選定されているため池で四季を通して憩いの場所として市民に親しまれている。市の西側は紀伊水道に面し、四国、淡路島、沼島を望むことができる。

和歌山県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示