南牧村

スポンサー広告

南牧村(長野県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

長野県南佐久郡南牧村(長野県・佐久地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot南牧村

南牧村(みなみまきむら)は、長野県南佐久郡の村の一つ。村の集落は佐久海ノ口駅周辺の海ノ口地区と、野辺山高原の野辺山地区がある。前者は千曲川のほとりにあり、後者は八ヶ岳の裾野に位置しているため、300m近い標高差がある。村の幹線道路である国道141号線は、両地区を「市場坂」と呼ばれるカーブの連続する勾配のきつい坂で結んでいる。隣の川上村と同様に、高原野菜の産地である。隣の群馬県の甘楽郡にも南牧村があるがそちらは「なんもくむら」である。標高が1,000mを超えるために、亜寒帯湿潤気候に属し冬の寒さは非常に厳しい。零下20度以下になることも珍しくない。一方、夏は涼しく避暑地として賑わう。「標高日本一」JR線最高地点 – 野辺山~清里間(標高1,375メートル)野辺山駅 – 日本一高い所にある普通鉄道の駅(標高1,346メートル)南牧村村立南牧南小学校 – 日本一高所にある小中学校(標高1,325メートル)本沢温泉「雲上の湯」 – 日本最高所の露天風呂(標高2,150メートル)がある。

長野県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示