瑞穂市

スポンサー広告

瑞穂市(岐阜県)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

瑞穂市(岐阜県・岐阜地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/殿様キングスライム様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot瑞穂市

瑞穂市(みずほし)は、岐阜県南西部にある市である。濃尾平野の北西部、岐阜市と大垣市にはさまれた地域に位置する。なお呂久地区のみ揖斐川の右岸にある。これは明治時代まで揖斐川(伊尾川)が呂久の西を流れていた名残りで、現在でも小さな川が流れている。河川: 長良川、揖斐川、糸貫川、犀川、五六川、中川、新堀川、など、大小を問わず多くの河川がある。倭姫命が滞在した美濃国伊久良河宮は、瑞穂市居倉の天神神社といわれている。中山道で、宿場町の美江寺宿や、和宮も渡った呂久の渡しがある。

岐阜県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示