越知町

スポンサー広告

越知町(高知県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

高知県高岡郡越知町(高知県・土佐中部地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/おいどん様)

o2

越知町の花コスモスが描かれているカラー蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot越知町

越知町(おちちょう)は、高知県にある町である。源平合戦の後、安徳天皇が逃れてきたという伝説が残っている。高知県の中西部に位置する自然豊かな町で、町域の西部には佐川町出身の植物学者牧野富太郎が研究のためよく訪れていた横倉山県立自然公園が広がっている。また、この横倉山には安徳天皇の伝説も残っている。町の中心は仁淀川・坂折川・柳瀬川の3河川が合流する場所にあり、住宅・商店が立ち並んでいる。ここにはコスモスの名所で、コスモス祭りを始めとするイベントで観光客が多く訪れる宮の前公園もある。越知町民総合運動場 – プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスが練習場として使用している。シーズン中には公式戦も開催されている。

高知県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示