大田市

スポンサー広告

大田市(島根県)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

大田市(島根県・石見地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/長久玲奈様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot大田市

大田市(おおだし)は、島根県の中西部にある市。日本海に面していて、石見地方内では石東地域(石見東部地域)に位置する。隣接する出雲市と共に県中部の中心地域となっている。2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に登録された。市東部に位置する三瓶山は古くは「佐比売山」と呼ばれ、『出雲国風土記』の国引き神話において「火神岳」(大山)とともに島根半島を引き寄せて繫ぎ止めた杭であるという。市域西部の大森は戦国時代から江戸時代にかけて日本最大の銀山とされた石見銀山の地である。1526年、大内氏の支援によって博多の神谷寿貞が開発に成功した。その後、大内氏やその後継である毛利氏と出雲の尼子氏の間で銀山争奪戦が繰り返された。江戸時代には幕府直轄領(天領)となり、石見銀山領が置かれた。江戸期にほぼ掘り尽し、1920年代には完全に閉山した。2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界遺産に登録された。2005年(平成17年)10月1日 – 邇摩郡温泉津町・仁摩町と合併し、改めて大田市が発足。

島根県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示