太田市

スポンサー広告

太田市(群馬県)の「フタw」Part7

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

太田市(群馬県・東毛地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その7です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

ot07

旧新田郡新田町のもので旧町の木イチョウが描かれている
–PR–


WikiPedia
Screenshot太田市

太田市(おおたし)は、関東地方の北部、群馬県南東部(東毛)にある人口約22万人の市(群馬県内での人口は高崎市、前橋市に続き3番目に多い)。2007年(平成19年)4月1日に西に隣接する伊勢崎市とともに特例市に移行した。富士重工業(スバル)のお膝元(企業城下町)であり、北関東随一の工業都市である。隣接する桐生市や栃木県足利市と共に両毛地域を形成する。人口増加率は県内有数の伸びを示している。西に隣接する伊勢崎市(人口は約21万人・県下4位)と僅かの差で拮抗しており、両市とも人口は増加している。東京都心から北西に約80km、県庁所在地である前橋市からは東に約30km、高崎市からは同じく東に約40kmに位置する。江戸時代には大光院の門前町・日光例幣使街道の宿場町(太田宿)として発達した。大正期以降は、現在の富士重工業(スバル)とその前身である中島飛行機の企業城下町として飛躍的な発展を遂げた。現在でも工業製品出荷額が1兆7200億円を超え北関東3県の都市の内第1位である。北関東工業地域有数の工業都市であり、近隣の桐生市・館林市・栃木県足利市・栃木県佐野市とともに両毛地域の都市核である。これらの工場で働く日系ブラジル人、ペルー人など、隣接する伊勢崎市、大泉町同様、在日外国人が多く住んでいることも特徴の1つである。2005年(平成17年)3月28日 – 旧太田市、新田郡尾島町、新田町、藪塚本町の1市3町が新設合併し、新たに太田市となる。

群馬県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示