記事を期間限定で公開 Post Expirator

プラグイン紹介記事について
原則として自分の環境下で現在自分が使用して便利だったり、過去に使用していたりしていたものについて、自身の備忘録として記事にしています。既にご承知の通り、ここで紹介しているからといって、すべてのプラグインがすべての異なる環境で優れているという保証はありませんし、プラグインをたくさん導入することによって、干渉等による様々な弊害が発生することもあります。実際の使用に関しては、勿論自己責任でお願い致します。不具合発生等のご質問などは当方では受付いたしかねます。
ScreenshotPost Expirator

Allows you to add an expiration date to posts which you can configure to either delete the post, change it to a draft, or update the post categories.

記事を期間限定で公開したい場合に

投稿記事や固定ページを期間限定公開にすることができるプラグインです。期間限定のキャンペーン記事を公開し、キャンペーン日時終了後に自動的に記事が非公開になるように設定する、といったことが出来るようになります。イベントの告知ページや、期間を限定した募集記事などに使用するのに便利です。通常、一度公開した記事を非公開にしたい場合は手作業になりますが、このプラグインを使えば自動でやってくれます。

このプラグインでできること

●記事ごとに公開期限(公開終了日時)を設定する
●設定した日時を過ぎたら「下書き・非公開・削除」に変更することができる
●設定した日時を過ぎたら、登録した「カテゴリ」を変更することができる
●記事フッターに表示させる有効期限の表示形式を設定することができる
インストールして有効化すると、投稿画面の右サイドバーに「Post Expirator」の項目が追加されますので、そこから必要事項を設定します。ここに何も設定しなければ通常の投稿の際と同じで、公開期限を設けません。 「How to expire」で、指定した期限が過ぎてから記事をどうするのかを指定できます。店舗などでは「○月○日は店休日とします」などのお知らせを、日時が過ぎたら非表示にするなどといったことにも使えるので便利ですね。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Expirator」で検索

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)