レスポンシブ対応 Responsive Lightbox

プラグイン紹介記事について
原則として自分の環境下で現在自分が使用して便利だったり、過去に使用していたりしていたものについて、自身の備忘録として記事にしています。既にご承知の通り、ここで紹介しているからといって、すべてのプラグインがすべての異なる環境で優れているという保証はありませんし、プラグインをたくさん導入することによって、干渉等による様々な弊害が発生することもあります。実際の使用に関しては、勿論自己責任でお願い致します。不具合発生等のご質問などは当方では受付いたしかねます。
ScreenshotResponsive Lightbox

レスポンシブLightboxは、ユーザーがモバイルデバイス用に最適化されたlightbox (オーバーレイ) の効果で画像やギャラリーの大きいバージョンを表示することができます。

当サイトで使用していた、Lightboxプラグインを今までの「jQuery Colorbox」から、Responsive Lightbox に変更しました。最大の理由は文字通り「レスポンシブ」対応であることと、モバイルデバイス用に最適化されたlightbox (オーバーレイ) の効果で画像やギャラリーの大きいバージョンを表示することができる、とあること並びに「日本語対応」であることです。

このプラグインの特長

2種類のLightboxスクリプトが選択可能
WordPressのイメージギャラリーに自動対応
WordPressの画像リンクに自動対応
WordPressのビデオリンク (YouTube, Vimeo)に自動対応
オプションで投稿画像の中の1つをギャラリーとして表示
Enter a selector for lightbox
Highly customizable settings for each of the lightbox scripts
Multisite support

ほとんどの設定は初期値のままで構わないと思います。サムネイル画像をクリックした際にモーダルウィンドウを開いて拡大画像を表示する際のエフェクトを選択するのですが、「prettyPhoto」「SwipeBox」「FancyBox」「Nivo Lightbox」「Image Lightbox」「TosRUs」とある中から好みの効果を試しながら選択することになります。初期設定は 「SwipeBox」 になっています。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Responsive Lightbox」で検索

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)