一括でaltやtitleの指定 SEO Friendly Images

プラグイン紹介記事について
原則として自分の環境下で現在自分が使用して便利だったり、過去に使用していたりしていたものについて、自身の備忘録として記事にしています。既にご承知の通り、ここで紹介しているからといって、すべてのプラグインがすべての異なる環境で優れているという保証はありませんし、プラグインをたくさん導入することによって、干渉等による様々な弊害が発生することもあります。実際の使用に関しては、勿論自己責任でお願い致します。不具合発生等のご質問などは当方では受付いたしかねます。
ScreenshotSEO Friendly Images

SEO Friendly Images automatically adds alt and title attributes to all your images improving traffic from search engines.

altやtitleが設定されていない画像に自動的に一括でaltやtitleの指定をする

Google先生がガイドラインその他で「画像ファイルには短くてわかりやすい名前を付けましょう。alt属性で画像の内容を説明しましょう。この情報により Googleが画像の内容を認識しやすくなります。ページ上の各画像の下に短いキャプションを添えます。重要な情報は画像ではなくテキストで表しましょう。」と言っている通り、画像のaltやtitleが設定されていないとSEO的にも、よろしくありません。しかし、当サイトの様に画像が大量に扱われていたり、サイト内ブログを専門知識に乏しい人に任せていたり、クライアントにブログの投稿をしてもらっている、なんていうケースでは、このaltやtitleがちゃんと忘れずに記述されているか、なんてことをチェックすることすら大変な手間と面倒が・・・。そういう場合にとても重宝するのが、このプラグイン。記事タイトル、カテゴリ、タグ等から過去の記事も含めて一括で、altやtitleの指定をやってくれちゃいます。いや~ズボラな私には欠かせないプラグインだわあ。なお、このプラグインが挿入するaltやtitle属性はHTMLを直接書き換えるとかいったことではなく、記事が生成されるときに追加される仕様のもののようです。

基本的にデフォルトの設定で問題ありませんが、必要なら下記の通り変更できます。

設定に使えるタグ 
%title=画像のある記事のタイトル %name=画像のファイル名 %category=カテゴリ名 %tags=タグ
①ALT・・・altに設定する文字列を設定する(例示されているタグ+任意の文字列が使用可能)
②TITLE・・・titleに設定する文字列を設定する(例示されているタグ+任意の文字列が使用可能)
③プラグインによる設定を、既に行っているaltやtitle設定より優先するかのチェックを入れる

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「SEO Friendly Images」で検索

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)