東金市

スポンサー広告

東金市(千葉県)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

東金市(千葉県・千葉中域)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/さまようよろい様)

togane3
–PR–


WikiPedia
Screenshot東金市

東金市(とうがねし)は、九十九里平野にある、千葉県の市である。人口は約6万1千人。千葉市への通勤率は13.7%(平成22年国勢調査)。東金市は、千葉県の中東部、九十九里平野の房総台地との境界に位置し、古くから、農業・商業等の産業を中心に発展してきた山武郡市の中核都市である。首都圏の50km圏に位置し、東関東自動車道~京葉道路~千葉東金道路、あるいはJR京葉線直接乗り入れの東京行き快速電車等により都心への交通利便性の比較的高い地域である。東金の由来は鴇が根に由来するといわれる。当地にある西福寺境内の山嶺が鴇(とき)の頭に似ていることから鴇ヶ峯と称されトウガネに転訛し東金と言うようになったと伝えられる。城の名称も『東金町誌』によると「東金城は往古上総介の属館なりしが後年千葉氏の支城となりて鴇ヶ嶺城と云う。後東鐘城と唱へまた鴇ヶ根城と号す。大永元年(1521)東金城と改称せり」とある。2015年現在、同市東岩崎に旧名に由来するとみられる鴇嶺(ときがね)小学校がある。かつては、商業の中心地であった中心市街地が、大型店の進出により激しく衰退している。同市では空き店舗の活用や貸し店舗改修費用の利子補助なども検討しているが厳しい財政事情のため有効な対策が無い。

千葉県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示