豊郷町

スポンサー広告

豊郷町(滋賀県)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

滋賀県犬上郡豊郷町(滋賀県・湖東地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/はぐれメタルキング様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot豊郷町

豊郷町(とよさとちょう)は、滋賀県の東部(湖東地方)に位置する犬上郡の町である。江州音頭の発祥地の一つとして知られるほか、町立豊郷小学校の校舎改築問題が全国的に注目された。滋賀県内にある自治体で最も面積が小さい。宇曽川中流右岸に広がる犬上川の扇状地で、全域がほぼ起伏のない低地帯である(最高地点115m、最低地点95m)。豊郷町の町域は古代(大化の改新後)の犬上郡安食(あじき、あんじき)郷と愛知郡吉田(よしだ)郷に当たる。安食郷は百済からの渡来人阿直岐氏の居住地であったとされ、安食西にある阿自岐神社は阿直岐氏の邸宅跡とされる。また「犬上郡」の由来となった犬上氏(犬上君)とのゆかりが伝わる地域であり、八目に稲依別王を祭る犬上神社があり、境内近くに犬上君の居館跡とされる場所がある。三ノ坪(沢)や五ノ坪(高野瀬)など、条里制にちなむ小字名が残る。四十九院にある唯念寺は天平3年(731年)行基の開基を伝える。農業が古くからの主産業であり、田園風景が広がるが、現在は第2次産業や第3次産業が中心である。第2次産業では安食西にあるアキレス滋賀第二工場が最大であるほか、中小の金属・繊維工場などが立地している。第3次産業では国道8号にロードサイド店舗が並ぶほか、高野瀬にチェーンストア丸善の本部がある。町の中央を旧中山道(東山道)と近江鉄道と東海道新幹線が並行して通過し、旧中山道の西寄りを国道8号が通過している。JR在来線の駅としては、彦根市の東海道本線(琵琶湖線)稲枝駅と河瀬駅が最寄り駅。

滋賀県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示