鶴居村

スポンサー広告

鶴居村(北海道)の「フタw」Part2

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

北海道阿寒郡鶴居村(北海道・釧路地方)の「マンホール蓋=街のフタw」その2です。(撮影or提供/さまようよろい様)

tri2

TSURUI VILLAGEと表記され向かい合ったタンチョウヅルが大きく描かれているカラー蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot鶴居村

鶴居村(つるいむら)は、北海道釧路総合振興局管内の阿寒郡にある村。現在、釧路総合振興局では唯一の村となっている。 総務省に過疎地域に指定された自治体ではあるが、農業従事者一人あたりの平均年収額は全国一位であり、一人あたりの平均所得が日本一高い村である。釧路空港に近く、釧路湿原国立公園を眼下に見ることができる、自然環境が豊富な下幌呂地区に分譲住宅地を展開している。ここでは、一世帯当たりの敷地面積を200坪前後にした空間が整備され、本州方面からの移住促進事業を展開したため、特に富裕層が移住してきている。村名の由来は、特別天然記念物タンチョウの生息・繁殖地であることから。アイヌ語でタンチョウは鶴を意味する。釧路市の北西部40kmに位置。南部は釧路湿原を中心とする湿原・湿地帯。北部は丘陵地帯。人口は釧路総合振興局の市町村中、最も少ない。福祉が充実しており、中学生までの医療費は無料となっている。酪農・農業が盛ん。農業所得は標準。チーズは農林水産大臣賞を受賞以後、多賞受賞。冬季はタンチョウの飛来が多いことから観光業も盛んとなっている。天然記念物に指定されているキラコタン岬、温根内ビジターセンターから釧路湿原内に入る木道、北海道内唯一・全国民間初運営の森林セラピー基地「山﨑山林」などをフィールドとしたバードウォッチング、自然散策、森林セラピー等の体験観光も盛んとなっている。漫画家・山上たつひこの代表作として知られる「がきデカ」の主人公こまわり君が発するギャグのひとつに「鶴居村からツルが来るぅ~」がある。

北海道のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示