浦幌町

スポンサー広告

浦幌町(北海道)の「フタw」Part3

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

北海道十勝郡浦幌町(北海道・十勝地方)の「マンホール蓋=街のフタw」その3です。(撮影or提供/さまようよろい様)

64901-04

町の鳥アオサギとハマナスの花が描かれている浄化槽蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot浦幌町

浦幌町(うらほろちょう)は、北海道南東部、十勝総合振興局管内にある町。一町で十勝郡をなす。町名の由来は、アイヌ語の「オーラポロ」(川尻に大きな葉が成育するところ)から。十勝総合振興局管内最東部、釧路総合振興局との境に位置する。町域は浦幌川の流域を占め南北に長い。白糠丘陵の西縁部にあたり、大部分は丘陵と台地で、林野が総面積の7割を占める。南部は太平洋に面している。町の南端、浦幌川下流部から十勝川河口にかけて平地が広がっており、畑や牧場として利用されている。農業は畜産が中心。古くは馬産地(軍馬 釧路種)の一つであったが衰退し、第二次世界大戦後は浦幌炭鉱の炭鉱と酪農地域へと変貌した。炭鉱は尺別炭鉱に集約し閉山した。肉用牛の生産、畑作が盛んで、バレイショとテンサイの収穫量が特に多い。稲作は行われない。豊富な資源を背景に林業も行われる。厚内川河口の厚内に漁港がある。近海はサケの好漁場。その他タコ、ホッキなどを漁獲する。かつてはコンブの採集も多かったが近年はあまり行われていない。シシャモの漁獲もある。経済圏域では帯広圏域に含められる。

北海道のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示