嬉野市

スポンサー広告

嬉野市(佐賀県)の「フタw」

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

嬉野市(佐賀県・佐賀南部地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その1です。(撮影or提供/YOKA2TAYO2様)

–PR–


WikiPedia
Screenshot嬉野市

嬉野市(うれしのし)は、佐賀県西部の市である。嬉野温泉で知られる。嬉野温泉には年間100万人以上の観光客が訪れる。2006年1月1日に、藤津郡嬉野町・塩田町とが合併して、佐賀県で9番目の市として誕生した。ほぼ全域が周囲を比較的緩やかな山に囲まれた盆地で、東部の一部が白石平野に属する。市役所は、人口が多かった旧嬉野町ではなく、旧塩田町におかれた。これは、対等合併前の合併協議会の中で、新しい自治体の名称に嬉野を使うならば本拠地(市役所本庁舎)は塩田町に置くことが合併の条件として協議が進められた経緯がある。また、旧塩田が先に村から町になったという歴史的経緯、加えて、旧嬉野町の役場がどちらかといえば老朽化していて、旧塩田町の役場が合併を基準日として直近に建て替えられ新しく、防災上有利な立場にあったことが影響した。なお、福岡県西方沖地震で旧嬉野町は震度5弱を記録した。観光業と農業が盛んで、米、麦類のほかに茶の生産が盛ん。最寄り空港は佐賀空港または長崎空港。福岡空港からは、本市へ直通する高速バスもあるが、本数は少ない。かつては肥前電気鉄道や祐徳軌道が存在していたが、現在嬉野市内を通る鉄道路線はない。嬉野市役所に最寄りの駅は九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の肥前鹿島駅(鹿島市)で、他に佐世保線の武雄温泉駅(武雄市)や大村線の彼杵駅(長崎県東彼杵町)が市内各地への最寄り駅となる。肥前鹿島と武雄温泉には特急、彼杵には快速「シーサイドライナー」が停車する。九州新幹線長崎ルート(西九州ルート)では嬉野市内初の鉄道駅となる「嬉野温泉駅」(仮称)の設置が予定されている。嬉野温泉駅を含む同ルートの武雄温泉駅 – 諫早駅間は新幹線規格の新線で建設され、新幹線と在来線を直通するJR九州の軌間可変電車(フリーゲージトレイン)が運行される事になっている。嬉野温泉駅には運行本数(64本)の半分(32本)、1時間当たり上下ともに約1本の停車が想定されている。

佐賀県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示