BackWPup : データベース及びサーバー上にあるファイル丸ごとバックアップできる

バックアップ機能を追加するプラグイン

構築したWebサイトをデータベース及びサーバー上にあるファイル丸ごとバックアップできるWordPressプラグイン。様々なオンラインストレージサービスやFTPでの保存に対応しており、バックアップ目的のプラグインとしては一番高機能で使いやすいと評判です。

優れているポイントは

  • 実行スケジュールを設定すれば、継続的に自動でバックアップ処理が実行される。
  • データベース(MySQL)のバックアップができる。
  • コンテンツ・テーマ・プラグイン・WP本体コアファイルそれぞれをバックアップでき、各ファイルに対して個別に除外設定も可能。
  • 記事データをXML形式でエクスポートできる。
  • 保存先は、様々なオンラインストレージサービスやFTP接続での保存に対応。
  • バックアップ実行時にエラーが発生したときは、エラーログをメールで送信可能。
  • 実行時のログを確認できる。
  • 管理画面が日本語化されている。(バージョンアップで日本語が外れたが、日本語化アドオンが配布されている)

対応している保存先は次のものがある

  • 同サーバー上のディレクトリを指定し、そこに保存する
  • 外部サーバーにFTP接続して保存する
  • メール送信
  • RackSpaceCloud
  • SugarSync
  • Microsoft Azure(Blob)
  • Dropbox
  • Amazon S3
  • Amazon Glacier(有料版のみ)
  • Google Drive(有料版のみ)

設定について

管理画面の左メニューから「BackWPup → 新規ジョブを追加」と進むとバックアップの設定画面。
「ジョブ」というのは、このプラグインにさせる作業のこと。

自動バックアップを行いたい場合は、負荷を考えアクセスの少ない時間帯を選択するのが常套手段。また、あまり頻繁にバックアップをすることにより容量が肥大化し(特に画像など容量の大きいデータ)サーバーを圧迫することによる不具合を生じかねないので、自動バックアップを設定する場合は特に注意が必要です。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「BackWPup」で検索

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)