Post Type Switcher : 投稿後でも「投稿ページ」「固定ページ」などの投稿タイプを変更することができる

Screenshot
Post Type Switcher
A simple way to change a post’s type in WordPress
投稿後でも投稿タイプを変更できるようにする

WordPressには記事のタイプが「投稿ページ」「固定ページ」「カスタム投稿タイプ」「メディアの投稿タイプ」と種類があり、それぞれ特色のある選択肢として用途別に運用が可能になっています。サイトのリニューアルの際など、この構成を後から変更したい場合に「投稿」として書かれていたものを「固定ページ」にしたい、あるいはその逆、といったことを実行したい、といったケースがありますが、そういう場合に「投稿」記事の内容をコピペして「固定ページ」に移し替える、とかいった面倒な作業をしなくとも、投稿タイプを変更できるようにするプラグインが「Post Type Switcher」です。インストールして有効化すると、編集画面に「投稿タイプ」を指定するプルダウンメニューの設定項目が追加され、選択するだけで投稿タイプを変更できるようにしてくれます。便利なことに投稿タイプを変更してもIDやスラッグは引き継がれます。プラグインを停止しても変更したデータがそのまま残ります。インストール後の管理画面などはなく、編集画面に上記のプルダウンメニューが追加され、すぐに使用できます。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Type Switcher」で検索

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)