湯沢市

スポンサー広告

湯沢市(秋田県)の「フタw」Part6

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

湯沢市(秋田県・県南地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その6です。(撮影or提供/特快★小僧様)

koyas

旧雄勝郡皆瀬村小安峡のもので旧村の鳥オシドリ、旧村の花キキョウ、旧村の木イタヤカエデが描かれている小型蓋
–PR–


WikiPedia
Screenshot湯沢市

湯沢市(ゆざわし)は、秋田県南部に位置する市。古くから秋田(羽後国)の南の玄関口として発展してきた。小野小町生誕の地と自称しており、あきたこまちや秋田新幹線こまちの由来になっている。市の南部を山地が占め、南西は大黒森山、南東は高松岳までを市域とする。南東の高松岳から流れる高松川が南から流れる雄物川と合流し、東鳥海山と檜山の間を北上し横手盆地に抜ける。東から流れる皆瀬川が雄物川に合流する周辺が市の北限となる。市街地は横手盆地の南に位置し、雄物川の東の山の手、鉦打沢川(かねうちさわかわ)の扇状地に広がり、雄物川に沿うように北上してきた鉄道、道路網が接続する。2005年(平成17年)3月22日 – (旧)湯沢市・雄勝郡雄勝町・稲川町・皆瀬村が合併し、(新)湯沢市誕生。2012年(平成24年)9月 – 日本ジオパークネットワークにより、ゆざわジオパークが認定される。

秋田県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示