吹奏楽もマーチングも興味なかったうえにTVほとんど見ないので「笑ってコラえて」なんて知らなくて。一度選ばれるだけでも大変名誉な歴史あるパレード、アメリカで新年早々毎年行われるローズパレードにアジア代表として二度(2012.・2018)選ばれて参加した彼ら彼女らを知ったのは、たまたま通りかかった「京都さくらパレード」。その後たまたまYOUTUBEのおすすめ動画に表示されているのを閲覧…一気にどハマリ、沼に落ちてしまいましたよ。以来毎日欠かさず見て都度感涙。「オレンジの悪魔」こと「マーチング界のベビメタ」も日本より海外での評価が非常に高い、BABYMETALとの共通点があるようですね。時系列に沿って纏めた「自分用リンク集」として作りました。

Blumen Hügel Parade 2019(PM 14:00~)

2019年4月21日(日) 滋賀農業公園 ブルーメの丘にて(午後2:00~)
※冒頭および最後のシーン撮影(オレンジの小悪魔)に際し、当チャンネルでの投稿を承諾していただきました親御様にこの場を借りて御礼申し上げます。
※パレードが進むにつれ、手振れによるお見苦し箇所が多々ございます(汗)

※本動画は著作権で保護されたコンテンツ(SIR DUKE)が含まれるため、Youtube側より広告が自動的に貼られております(当方の意図では御座いません)。なお、広告料は著作権所有者の収益となります。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

他人がアップロードして公開した動画を勝手に使ってサイトに置いているからけしからん、というようなご意見の方(あえて情弱=情報弱者と呼びますw)がいまだに居られるんですね。そもそもYouTubeやVimeo、Dailymotionなどの動画共有サービスで公開されている動画をWEBサイト・ブログ・facebookやTwitterなどのSNSサービスに埋め込んで共有することはそれ自体に著作権的にも何の問題もありません。動画共有サービスにアップロードして公開設定している=リンク機能により共有拡散を認めている、むしろそうして欲しい、という意思表示されていることになる次第です。リンク先からのアクセスも該当動画の大元の動画に閲覧・アクセス回数としてカウントされます。アップロードした人もしくは企業がそれを望まなくて公式チャンネルからの閲覧のみさせたい場合には「限定公開」や「共有禁止」を設定すれば良い、ということです。著作権や肖像権などの権利や義務その他の問題はあくまでアップロードした人に帰します。例えば無許可で撮影した動画を公開することにより被写体である人物や団体との間で生じた諸問題とか。そのような場合は動画共有サービス側が削除や非表示などの措置を取ることにより、該当動画をリンクした側も「リンク切れ」になり、自動的に閲覧することが出来なくなります。悪しからずご了承くださいませ。

ちなみに、この囲みの中に記されているものは「引用」文ですよ、という意味です。WEBの一般的なルールの一つですが、ここでは公開元が書かれたものを説明の意味で引用していますのでご承知おきください。