Contents Management System: CMSってなんだっけ?

コンテンツマネジメントシステム、略して”CMS”。Webサイトを制作するのに必要なHTMLやCSSのような専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、専門知識がなくてもWebサイトを管理・更新できるシステムです。例えば、ブログサービスがそうであるように手軽にページを更新できるツールです。

導入するメリットは

Webサイトの運用が安価でできる
一般的にWEBサイトを構築するためにはHTMLやタグなどの複雑な知識が必要なため、専門の制作業者に発注することになります。ニュースリリースといった情報の更新や記事・コンテンツの追加といったことも、その都度追加で依頼することになるため、通常毎回費用が発生します。制作費用を初期費用としてこれらの更新を含めたメンテナンスおよび保守費用を定額で毎月支払う、なんてのが昔は主流でしたね。HTMLやCSSのような専門知識を必要とせずWebサイトを管理・更新できるということは、これらを自分たちで行うことにより、運営費用と手間を抑制できるわけです。

Webサイトの制作費も抑えることができる
オープンソースのWordpressなど無料で使えるものが多いので、制作費も抑えることができます。数多いWebサイトを運用する場合など、その差は非常に大きい、ということになります。サーバとドメインを用意しさえすれば、専門知識がなくてもすべて自分で制作することも比較的容易です。

機能の追加やSEO対策などに強い
必要なものがあらかじめ備わっているCMSツールを使えば大抵のことが簡単に行えるので、複雑な知識がなくてもサイトの運営・管理ができてしまいます。追加したい機能などが出てきた場合にも、たとえばWordpressだったら「プラグイン」が豊富にあるので、簡単に必要になった追加機能を導入することができる上に、大抵のことは検索すれば情報があることも強みです。過去に悩みの種だった「検索エンジン最適化対策」も専用プラグインを追加してそこで設定すれば済むのでラクに対策することが可能です。また、Wordpressの場合、デザインテンプレート(WordPressの場合、テーマと呼ぶ)が豊富にあるため、デザインにかかわる部分のみ着せ替えする、といったことも比較的容易にできます。また、ECサイトだって専用プラグインを追加すれば構築できます。

どのCMSを使うべきか

結論を先に言うと、私DoraNekoの場合はWordPress一択です。

たくさんあるCMS
世界で有名どころのCMSといえば
WordPress(ワードプレス)
Joomla!(ジュームラ)
Drupal(ドルーパル)
Squarespace(スクエアスペース)
Shopify(ショッピファイ)
日本では上記に以下が加わる感じですかね
XOOPS(ズープス)
concrete5(コンクリート5)
2018年12月現在のCMSの世界シェアは 1位:WordPress…32% 他のものは軒並み一桁台のなか、1位のWordPressが飛びぬけて高いシェアを獲得しています(W3Techワールドワイドウェブテクノロジー調査)。

WordPressを選択する理由
●飛びぬけて高いシェア=蓄積された経験値による情報量が飛びぬけて多い、調べさえすれば大概のアクシデントに対する対策や対処法が手に入ること。
●利用者が圧倒的に多いことによるセキュリティ面での不安=WindowsとMacの比較みたいなレベルの話ですなw 「飛びぬけて高いシェアだということは不届き者による攻撃を受け易く危険である」その通りですよね、管理者が対策しないで放置している状況であれば。でも、その状態だとそもそもがシェアに関係なく危険なんですけどね。利用者が圧倒的に多いからこそ、危険な事例に対してのパッチファイル等の配布、対処がスピード感を持って取られます。他のものに比べて特段劣る理由にはならず、きちんと管理さえすれば逆に安心感があるのだ、とも言えます。
●追加機能が圧倒的に豊富=要するにコアとしてWordPressを使っていれば、機能を追加する必要が生じるたびにサイトそのものをリニューアルしなければならない、みたいなことは起きないんです。大抵のことは「プラグイン」を追加したり、一部のテンプレートファイルに手を加える程度のことで実現できてしまいます。

ということで
私の所属する職場においては、今後すべてのWEBサイトをWordPressによるCMS化することに決めています。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)