Lazy Load : ページ内の画像を遅延読み込みさせ高速化する

表示速度が遅くなりがちな大量の画像を含むWebページを遅延ロードで高速化する

Screenshot
Lazy Load
Lazy load images to improve page load times. Uses jQuery.sonar to only load an image when it’s visible in the viewport.This plugin is an amalgamation of code written by the WordPress.com VIP team at Automattic, the TechCrunch 2011 Redesign team, and Jake Goldman (10up LLC).
  • 画像の読み込みが終わるまでブラウザが重くなる
  • ネットワークやサーバーの負荷が瞬間的にひっ迫する
  • PageSpeed Insightsで低スコアになる

PageSpeed Insightsで低スコアになるとSEOにも影響します。サイトの表示速度が遅いとユーザーの離脱に直結します。大量の画像を含むWebページはどうしても表示速度が遅くなりがちです。多くの画像が大幅に読み込みを遅れさせる原因となります。一般的には、サイトを訪れた際にページに含まれる画像が一気に読み込まれます。画像が多いページや縦に長いランディングページなどでは、ブラウザがすべての画像を同時に読み込もうとするので、表示するまでに時間がかかってしまう、という理屈です。このプラグインはサイト内の画像の読み込み速度を遅くします。単純に読み込みを遅くするのではなく、ウィンドウ内に表示されている画像のみを段階的に読み込む、これが「遅延読み込み」です。スクロールしなければ表示されない箇所にある画像は読み込まないため、結果的にページが表示される速度が早くなる、という仕組みです。

WordPress管理画面 > プラグイン > Lazy Load で検索すると、他にも色々なプラグインがでてきます。その中で、更新頻度が頻繁なものを選択するといいかも知れません。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)