PS Auto Sitemap : サイト訪問者が参照するサイトマップを自動で生成できる

Screenshot
PS Auto Sitemap
「PS Auto Sitemap」は、デザインも自由に変更でき、 表示精度も高いサイトマッププラグインです
内部リンクでSEOにも有利なサイトマップを自動で生成

ここで言うのは、Googleなどの検索エンジンに向けたリストのXMLサイトマップではなく、人間の「サイト訪問者」が参照するほうのサイトマップです。コンテンツが増えてくると、サイトのページリスト(サイトマップ)を手書きするのが大変ですが、このプラグインを導入すれば、全部自動的に出力してくれます。インストールして有効化すると、ダッシュボードの「設定」にPS Auto Sitemapが加わります。そこをクリックすると以下の設定画面になります。ここからデザインや表示する階層、除外するカテゴリーや記事等をカスタマイズします。
pssm
あらかじめ用意した「表示する場所=投稿または固定ページ」のIDを上記に入力し、今度はPS Auto Sitemapのショートコードを「表示する場所=投稿または固定ページ」にコピペすれば完了です。

SEOにも有利なことはもちろん、ユーザビリティの面からもぜひ導入しておきたいプラグインです。
また、サイト制作中に構造を確認するページを置いておく、などの裏技的な使い方にも重宝しますね。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「PS Auto Sitemap」で検索

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)