Revive Old Posts: 記事をTwitterなどのSNSに自動投稿(連携)できる

過去に投稿した記事をTwitterに連携して自動投稿

Revive Old Postsは、過去に投稿した記事を定期スケジュールでTwitterにツイートできるようになるWordPressプラグイン。過去の記事だけど埋もれたままにしておくのは勿体ない、有用な記事だからSNSで気づいて貰って閲覧に繋げたい、SNS経由でのアクセスを増やせないか? といった場合に利用価値がある(かもしれません)。過度に自動投稿を続けるとスパム扱いされかねないので、そこは留意しながら活用できればいいですね。このプラグインはTwitterに連携して自動投稿するものですが、Twitterとfacebookとか「はてなブックマーク」と連携すればこのプラグインを経由して他のSNSなどに自動投稿ができるということになりますから、SNSによる認知度向上とかには結構有力な手段になり得ます。

Screenshot
Revive Old Posts – Social Media Auto Post and Scheduling Plugin
ROP is a must-have WordPress plugin created to help website administrators boost their website traffic, grow their social media followers and keep their existing followers engaged by automatically sharing posts and content from their WP site to their social media networks.

Revive Old PostsでTwitter連携するまでの手順は

  • Twitter Developerで開発者申請
  • Twitter Developerでアプリケーション作成
  • Twitter アプリケーションのCallback URLsを指定
  • Twitter アプリケーションのAPIキーをコピーしておく
  • Revive Old Postプラグインのインストール
  • 連携するSNSアカウントを追加
  • Revive Old Postの一般設定
  • Revive Old Postの投稿フォーマット設定
  • WordPressの投稿をTwitterでシェア開始

上記各項目ごとに設定の仕方を丁寧に教えてくれている記事、デジナビさんで見つけたので参照してください。
過去のブログ記事をTwitterに自動ツイートできるRevive Old Postsの使い方

Sharing Queueタブで、シェアが予定されているキュー「予定記事一覧」を確認することができ、個別に取り消しもできます。
Exclude Postsで、シェアしない記事を個別に選ぶこともできます。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Revive Old Posts で検索

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)