Table of Contents Plus : ページの見出しを元に目次を作ることができる

長い記事中に目次を作成するときに使えるプラグイン

ひとつのページに情報量がとても多い記事は、見出しをキチンとつけて少しでも見易く工夫しないといけませんが、それでも長くて読みづらいときは「目次」をつけることも視野に入れるべきです。Table of Contents Plus ページの見出しを元に目次を作ることができるプラグインです。

Screenshot
Table of Contents Plus
長い固定ページやカスタム投稿タイプの特定の文脈インデックスや目次を自動で作成する、パワフルで使いやすいプラグインです。ただの目次プラグインではありません、このプラグインはサイト全体の固定ページやカテゴリーのサイトマップも作成可能です。サイドバーに目次を表示させたいですか ? 外観 > ウィジェットから TOC+ を表示させたいサイドバーと位置にドラッグします。

投稿や固定ページの記事に記述したH1からH6までの見出しのHTMLタグを基に目次を自動生成してくれます。自動生成されるので、手動で目次を作成して更新したり、アンカーリンクする手間がなくなります。見出しタグを階層的に記述する必要があるので、少し戸惑うかもしれませんが、ここを抑えておけば非常に便利なプラグインです。

メリット

  • 記事の目次を自動生成(H1からH6までの見出しのHTMLタグを基に生成)
  • 投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプに対応
  • 目次の表示位置や表示内容を細かく設定できる
  • 人間用のサイトマップを自動生成する機能もある
  • プラグインの管理画面が日本語化されているのでわかりやすい

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Table of Contents Plus で検索

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)