Revision Control : 投稿・固定ページのリビジョンを制限することができる

リビジョンとは

WordPressの標準機能として、固定ページや投稿ページ、カスタム投稿に「リビジョン」というバージョン管理機能が設けられています。リビジョンは記事を保存するごとに記録され、あとから記事をリビジョンを基に以前の状態に戻すことができる、という機能です。とても便利な機能ですが、保存更新を頻繁に繰り返していると、リビジョンが無制限に増えていきます。増えすぎるとデータベースの肥大化によりパフォーマンスに悪影響を及ぼすことになってしまいます。

Revision Control で保存するリビジョンを任意の数に設定する

Revision Controlはリビジョンを最新の〇〇件のみ保存する、といったふうにコントロールすることができるようになるプラグインです。

インストール方法

他のプラグイン同様、WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Revision Control で検索

設定方法


インストールして有効化すると、ダッシュボード左のメニューバーの設定 >リビジョン が作られています。ここで、投稿ページや固定ページそれぞれのリビジョンの保存数を設定できます。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)