RSSとは: Webサイトの新着情報を配信するフォーマット

WordPressは初期状態でいろいろなRSSフィードを生成可能

フィードとは、フィードリーダーがサイトにアクセスし、新規コンテンツを自動的に探して情報を別のサイトに投稿し更新できるようにする機能です。特にブログサービスの情報更新通知に利用されるケースが多く、閲覧者は異なるブログに投稿された最新のホットな情報をフィードリーダーを介して得ることができる、というものです。ブログに限らず、ニュース配信サイトや様々なまとめサイトなどで利用されている技術です。一時期は巷に溢れかえっていたフィードリーダーもスマホ時代になるにつれ消えて行っていますが、この機能の用途そのものが駄目になっているわけではなく、異なるWEBサイト間での更新情報一覧などで重宝されています。フィードの種類には、RSS (“Rich Site Summary” あるいは “Really Simple Syndication” とも定義される)、Atom および RDF ファイルがあります。

RSSフィードを示す一般的なシンボルアイコン

WordPressのフィードURL

例えば当サイトの場合
https://doranekoweb.com/feed/
https://doranekoweb.com/feed/rss/
https://doranekoweb.com/feed/rss2/
https://doranekoweb.com/feed/rdf/
https://doranekoweb.com/feed/atom/

上記のようにサイトURLにフィードの種別を書くことで、それがそのまま該当する種類のフィードURLになります。この場合はサイト全体のURLになります。

カテゴリーごとでも分けて取得できる

これがWordpressの便利な所以だと言っても過言ではないんですが、特定のカテゴリーに属するFeedのみでも取得することができます。

例えばこの記事が属するカテゴリーとした場合(ダミーです 404が返されます)
https://doranekoweb.com/Jealous-Guy/web-tools/etc/feed/
https://doranekoweb.com/Jealous-Guy/web-tools/etc/feed/rss/
https://doranekoweb.com/Jealous-Guy/web-tools/etc/feed/rss2/
https://doranekoweb.com/Jealous-Guy/web-tools/etc/feed/rdf/
https://doranekoweb.com/Jealous-Guy/web-tools/etc/feed/atom/

上記のようにサイトURLにカテゴリーURLを追記してそこにフィードの種別を書くことで、それがそのまま該当するカテゴリーの各フィードURLになります。ということは、たとえばニュースリリースというカテゴリーだけを抜き取ったものを別のサイトに掲載する、といったことができるわけです。表示する側では日付・タイトルだけ表示するのか、あるいはアイキャッチ画像つきで、記事の抜粋を何文字までつけるか、とかいったことを設定しながら成形すれば用途に応じた更新情報が掲載出来て見栄えなども掲載するサイトに合わせて整えることが可能な次第です。

使い方にもよりますが、別サイトに掲載する=被リンクになる ユーザビリティ向上とSEOにも効果がある、ということになります(やり過ぎは逆効果w)。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)