知多半島道路大府PAで食べたビーフシチューでございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




知多半島道路で名古屋市内に向かっている途上に昼食のために立ち寄った大府PAでございますが、パティシエ辻口博啓の手がけるベーカリー、マリアージュドゥファリーヌなる場違いなお店がございまして。なんかすごい人気店だそうなので試しに入店してイートインスペースで食べたのがコレ。ビーフシチューのセットメニューです。はい、知多半島道路のPAでこーゆーメニュー食するとは思いませんでしたぜぃ。勿論美味かったっすよ、奥さん。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ビーフシチュー/ 赤ワインやトマトをベースに牛肉、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、タマネギなどを、香味野菜を加えて煮込む。イギリス発祥。日本では、明治初期から洋食レストランのメニューに取り入れられ、小麦粉とバターを炒めて作るブラウンルーを用いることが定番となっている。従って、ブラウンルーの対となるホワイトルーを用いて作るビーフシチューは、極めて稀な存在であるといえる。ビーフシチューの作り方は牛肉とタマネギ、ニンジンなどの野菜をブイヨンで長時間煮込み、塩、胡椒、トマトピューレ、ドミグラスソースなどで調味する。用いられる肉の部位は脛やバラが多いが、タンを煮込んだものは特に「タンシチュー」と呼ばれ人気が高い。尾の肉を使った「テールシチュー」もある。いずれも汁の量は少なめで、肉などの具材にボリュームがあり、スープのように汁を飲むことよりも具を食べることが主体となることが多い。なお、明治初期に英国留学した海軍軍人の東郷平八郎が、ヨーロッパで味わったビーフシチューを作るよう部下に命じて出来たものが肉じゃがであるという説があるが、単なる都市伝説であると否定する意見もある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ