日暮里駅東口にある太田道灌像、回転一枝。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




関東各地にある太田道灌の像のうちの一つ、日暮里駅東口にある騎馬像でございます。回転一枝と名付けられておりますな。日暮里には道灌山という地名や通りなどがございます。文武両道の極みの人物として有名でございますな。拙者もこのようになりたかったですな。もう遅いけどw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    太田 道灌(おおた どうかん)は、室町時代後期に関東地方で活躍した武将。武蔵守護代・扇谷上杉家の家宰。摂津源氏の流れを汲む太田氏。諱は資長(すけなが)。太田資清(道真)の子で、家宰職を継いで享徳の乱、長尾景春の乱で活躍した。江戸城を築城し、武将としても学者としても一流という定評があった。永享4年(1432年)、鎌倉公方を補佐する関東管領上杉氏の一族である扇谷上杉家の家宰を務めた太田資清の子として生まれた。幼名は鶴千代。埼玉県越生町では、江戸時代に書かれた『新編武蔵風土記稿』の記述から、町内の大字龍ヶ谷字山枝庵(さんしあん)を生誕地とする伝承がある。『永享記』などによると鎌倉五山(一説によれば建長寺)で学問を修め、足利学校(栃木県足利市)でも学び、文安3年(1446年)に元服し、資長を名乗った(初名は持資とする説もある)。享徳2年(1453年)1月、従五位上に昇叙し(従五位下叙位の時期は不明)左衛門少尉は如元(左衛門大夫を称する)。道灌は幼少時から英才ぶりが世に知られ、それを物語る逸話が存在する。『太田家記』によれば、父・資清が俊英にすぎる鶴千代を心配して「知恵が過ぎれば大偽に走り、知恵が足らねば災いを招く。例えれば障子は直立してこそ役に立ち、曲がっておれば役に立たない」と訓戒すると、鶴千代は屏風を持ち出し「屏風は直立しては倒れてしまい、曲っていてこそ役に立ちます」と言い返した。『寛政重修諸家譜』によれば、ある日父・資清は筆をとって「驕者不久」(驕れるものは久しからず)と書いた。すると鶴千代はこれに二字書き加え「不驕者又不久」(驕らざるものも久しからず)とした。百年以上後の江戸時代に書かれたものなので、そのまま事実とは考えられないが、道灌の才気と物おじしない毅然とした性格を示す逸話として知られる。東京都荒川区日暮里地区には道灌山という地名や小学校名が存在し、道灌の時代、あるいは道灌の死後からしばらくして太田氏の勢力の及んださいたま市岩槻区には太田という地名も存在する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ