中華料理創味昇福門の、日替わり定食でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


Screenshot
中華料理 創味 昇福門
創味 昇福門では、季節の食材を使った店主おすすめの料理や定番メニュー・激辛メニューを中心に、スパイスを巧みに使った料理が堪能できます。また、お昼のランチタイムには日替わり定食 820円 そばセット  850円などもご用意しております。日替わりメニューは当店のInstagram・Facebookで公開しております!
職場からも自宅からも大体徒歩10分位の場所にある昇福門、中華料理のお店でございます。予ねて職場から帰宅の途中で立ち寄り、麦酒飲みながら食事することが多いのですが、初めてランチタイムに訪れましたっす。開店当初は大食いチャレンジとか激辛チャレンジとかやっていましたが、現在ではそれらは辞めていますね。何を食べても美味なので拙者のお気に入りのお店なのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    中華料理(ちゅうかりょうり、簡体字中国語: 中国菜、拼音: Zhōngguó cài〈ジョングオツァイ〉、繁体字中国語: 中華料理、粤語: 中華飲食)は、中国で食べられてきた料理またはその技法・調味料を使用して作られた料理である。中国料理とも呼ばれる。多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の1つに挙げられている。比較的広い国土を持つ中国では、各地方の気候・地理・歴史・食材・食習慣の違いにより、独自に形成された調理法・味付けの料理がある。日本を含め世界的に広く普及し、また現地化も進んでいる。ロシアを除くヨーロッパの全ての国を合計した面積に匹敵するほどの広大な国土を持ち、地理的・気候的条件など、各地でそれぞれ特色が異なる中国では地方ごとに食材も異なり、また漢民族に同化していった、もしくはかつて漢民族を支配した多彩な民族を基層としているため、その調理法や味付けも地域差が大きい(地域分類を参照)。中華文明の影響を強く受けた日本・朝鮮・ベトナムなどの周辺国でも、その国の料理法に大きな影響を与えている。また、近代以降も世界中に移民として渡った華僑たちが移民先の国に持ち込んだため、多くの国に伝わった。この中には持ち込んだ国の料理と融合したり、中国大陸に存在しない食材を利用したり、現地人の料理人が考案したりした、中国本土にも見られない進化を遂げた「中華風」とも言うべき中華料理もある。このため、中華料理に共通する性格を挙げることは難しいが、元代以降の中国では火を通した温かい食事をとることが重視されてきたため、中華鍋を使い、日本料理や西洋料理に比べて強い火力を用いる炒め物が目立ち、油(ラード・ごま油など)を多用する料理が多いという傾向がある。逆に生野菜の使用や冷たい料理は少ない。中国文化においては飲料水においても冷たい水は好まれず、茶や白湯か常温の形で提供される。魚介類については、海に近い広東地域、膠東地域を除いては全体的に淡水魚が使用される傾向が強い。また、中国の中でも宗教的なタブーによって仏教徒(チベット仏教は除く)、道教信者向けの精進料理としての素菜や、イスラム教徒向けの、豚肉及びその加工製品、ラードを用いない清真菜(清真料理)があるが、調理器具・技法・忌避されない素材・調味料には類似性がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ