岡山駅で購入した、下津井旅情という名の駅弁です。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。

放浪の老人であるオイラ、どこかしらから必ず岡山駅に戻ってくる次第ですが、自宅に戻る前に駅弁を買って帰るなんてケースもしばしばございます。車内で食べる駅弁は格別なんですが、そうでなくても美味いと感じることもしばしばですからね。岡山の駅弁は三好野本店の祭ずしが一番人気ですな。今回は同じ三好野本店の祭ずし以外の商品、下津井旅情という名の駅弁を買ってみましたですわ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    株式会社三好野本店(みよしのほんてん)は岡山県岡山市中区に本社を構える会社である。天満屋ストアの100%子会社。駅弁などの弁当製造からサービスエリアの経営まで幅広い事業を展開している。現社長の若林昭吾は、岡山商工会議所副会頭など地元の各種団体の要職を歴任する一方、「若さま」の愛称で地元民放局の番組でレギュラー出演し、明るい性格で得意の駄洒落を披露するなどしている。2022年7月29日付で、天満屋ストアがおかやま活性化ファンド投資事業有限責任組合から全株式を7億500万円で取得し、三好野本店は天満屋ストアの完全子会社となった。祭ずしは岡山の伝統的な料理「ばらずし」を駅弁としたもの。日持ちの関係から、寿司飯の中に干瓢などを混ぜることが出来ず、ご飯の中に具の混じっている「ばらずし」と差別化するため名称を変えようということになり、若林英治の発案により「祭ずし」と命名された。三好野本店はこの名称を商標登録している。エビ、あさり、穴子、酢でしめた鰆、ママカリなどの海の幸と竹の子、椎茸、蓮根などの野菜を使い、錦糸卵を散らしている。祭ずし系統の商品として、「桃太郎の祭ずし」「祭ずし 匠」「お祭り弁当(祭ずしとおかず折りの組み合わせ)」「八角祭弁当(祭ずしとおかずを八角のパッケージにまとめたもの)」などがある。2001年頃にはハドソンの『桃太郎電鉄』とコラボした「桃太郎電鉄まつりずし 〜すちゃらかトレインの旅〜」(パッケージデザイン:土居孝幸)が発売された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ