カトリック河原町教会

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


どういう経緯でそうなのかを理解していないし覚えてないんだが、幼児洗礼を受けたクリスチャンでね、俺。だから幼稚園がここに付属しているカトリック信愛幼稚園。小学校低学年んときまで侍者っつういわゆるミサの補佐をする少年をやっていたというか、やらされていたので日曜日の度に早朝からここまで来ていたし、クリスマスんときなんてとても苦痛だったのを覚えている。その年齢から徹夜はつらいよなあ。その当時の教会の建物は現在のモダンなものと異なり、博物館明治村に保存されている。ここに通った最後のクリスマスが現在の建物のお披露目んときで、それが最後に勤めた侍者だった。地下は広い控室みたいになってたけど、今ではそこはメディアカフェポパイになっていて、そこは現在よく利用するんだよね何の因果かwww
Screenshot
●博物館明治村
明治時代は、我が国が門戸を世界に開いて欧米の文物と制度を取り入れ、それを同化して近代日本の基盤を築いた時代で、飛鳥・奈良と並んで、我が国の文化史上極めて重要な位置を占めている。明治建築も従って江戸時代から継承した優れた木造建築の伝統と蓄積の上に、新たに欧米の様式・技術・材料を取り入れ、石造・煉瓦造の洋風建築を導入し、産業革命の進行に伴って鉄・セメント・ガラスを用いる近代建築の素地を築いた。これらの建築のうち、芸術上、歴史上価値あるものも、震災・戦災などで多く失われ、ことに戦後の産業の高度成長によって生じた、大小の公私開発事業により、少なからず姿を消していった。取り壊されてゆくこれらの文化財を惜しんで、その保存を計るため、今は二人とも故人となられたが旧制第四高等学校同窓生であった谷口吉郎博士(博物館明治村初代館長)と土川元夫氏(元名古屋鉄道株式会社会長)とが共に語り合い、二人の協力のもとに明治村が創設されたのである。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    そのメディアカフェポパイ、既にございません。結構利用してたんだけどね。なくなって以降はこの界隈に出没する回数も激減してしまいましたとさ。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ