黒毛和牛すき焼き・牛鍋・ビフカツ、の麒麟亭なんですけどね。

一回は行かないとなー、と気にしながらも未だに実現していません。今回もタイミングが合わず、通り過ぎるのみでございます。以前から、麒麟亭のビフテキと牛鍋はお勧めですよ~、と聞き及んでおりますもので。

Screenshot
京都市で黒毛和牛のすき焼き・牛鍋・ビフカツなら、京都水族館・鉄道博物館近くの麒麟亭へ
当店は、有名産地にこだわることなく、和牛の血統を重視して上質肉を確保するという努力を重ね、極上肉のすき焼きをお楽しみいただけます。(すき焼き・しゃぶしゃぶをご注文の際、ご予約のお客様を優先してお給仕する場合がございます。こちらのメニューをご希望のお客様には、予めご予約いただくことをお勧めしております。)

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    すき焼き(鋤焼・銚焼、すきやき、英語:Sukiyaki)は、食肉や他の食材を浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして調理する日本の料理である。調味料は醤油、砂糖、酒など、またそれらをあらかじめ合わせた割下が使用される。一般的なすき焼きには薄切りにした牛肉が用いられ、ネギ、ハクサイ、シュンギク、シイタケ、焼き豆腐、シラタキ、麩などの具材(ザクと呼ぶ)が添えられる。溶いた生の鶏卵をからめて食べることが多い。「豚すき」「鳥すき(鶏すき)」「魚すき」「蟹すき」「うどんすき」など、牛肉以外の材料を使用したものについても「すきやき」と呼ぶことがある。調理法や味付けはそれぞれ異なる。砂糖と醤油を用いた甘辛い味付けの料理の総称として「すき焼き風」という呼称も用いられる。牛丼チェーン店や一部の老舗店においては、「牛すき鍋」あるいは「牛鍋」という名を使用した類似料理を提供している。日本では幕末になるまで、牛肉を食べることは一般には行われていなかったが、別に「すきやき」と称された料理は存在していた。古くは江戸時代前期の寛永20年(1643年)に刊行された料理書『料理物語』に「杉やき」が登場しており、これは鯛などの魚介類と野菜を杉材の箱に入れて味噌煮(砂糖は使用しなかった)にする料理である。さらに享和元年(1801年)の料理書『料理早指南』では、「鋤やき」は「鋤のうへに右の鳥類をやく也、いろかはるほどにてしょくしてよし」と記述されている。また、文化元年(1804年)の『料理談合集』や文政12年(1829年)の『鯨肉調味方』にも具体的な記述が見られ、使い古した鋤を火にかざして鴨などの鶏肉や鯨肉、魚類などを加熱する一種の焼き料理であった。他にも、すき身の肉を使うことから「すき焼き」と呼ばれるようになったという説もある。この魚介類の味噌煮の「杉やき」と、鳥類・魚類の焼肉という「鋤やき」という2種類の料理が、「すき焼き」の起源として挙げられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)