平等院表参道のめん処、川文でランチです。




宇治に来たらやっぱり食べたい、茶蕎麦にしん。本日は平等院表参道にある川文さんの茶蕎麦にしん定食でございました。昨日は松葉で食べましたから、二日連続で「にしんそば」食べてますが、好きなんだから仕方ないでしょ、わっはっは。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    宇治茶(うじちゃ)は、日本の緑茶。京都府・奈良県・滋賀県・三重県の4府県産茶を、京都府内業者が京都府内において、京都府南部の宇治地域に由来する製法により仕上加工したもの(ただし京都府内産を優先する)。静岡茶、狭山茶と並んで日本三大茶といわれ、生産量の少ない狭山茶を除いて、静岡茶とともに日本二大茶ともいわれている。鎌倉時代から生産されていたと考えられ、室町時代には将軍家をはじめ室町幕府の有力武将により茶園が設けられた。戦国時代には、新芽にあたる日光を遮って茶の旨味や甘みを高める覆下(おおいした)栽培の茶園により日本を代表する高級茶の地位を固め、江戸時代には幕府に献上されるお茶壷道中(宇治採茶使)が宇治から江戸までの道中を練り歩いた。宇治地方は京と宇治川の水運で結ばれていたうえに、地形・気候がチャノキ栽培に適していた。雨が多いものの扇状地で水はけがよく、寒暖差があり、宇治川から立ち上る川霧が新芽を霜害から守った。覆下に使うヨシも近郊でとれたためである。現在の市町村区割りにおける京都府内の宇治茶産地は、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久世郡久御山町、綴喜郡の井手町・宇治田原町、相楽郡の笠置町・和束町・精華町・南山城村である。現在もブランド茶の一つとして全国に販売されている。上林春松本店(宇治市)、福寿園(木津川市)、辻利(宇治市)、伊藤久右衛門(宇治市)など京都府南部に本社を置く製茶・茶販売会社も多い。2015年には文化庁認定の日本遺産の一つに、「日本茶800年の歴史散歩」として京都府南部が選ばれた。一般的に「宇治市のお茶」とイメージされているが、宇治市の茶園面積はわずか80haほどであり、「自治体内に100haの茶園面積を有すること」が条件となっている「全国茶サミット」には、宇治市は茶業の本社が多いことなどから、特例でメンバーとなっている。現在、京都府内における「宇治茶」の主産地は、相楽郡和束町・南山城村、綴喜郡宇治田原町などの周辺地域である。平坦部の茶園は宅地開発などにより減少しているが、山間部では増加している。また宇治市と市街地が連坦し、かつては同じ宇治郡に所属した京都市伏見区醍醐地区においても僅かではあるが茶畑が残されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)