松山駅は、松山市南江戸一丁目にある、JR四国の駅。







今度は大街道駅からJR松山駅前まで来ました。2DAYsパス買ったものだから、乗りまくりしております。日が暮れるのが早くなりましたね。このあと、また松山市駅に戻って食事しようかな、と考えていますですよ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松山駅(まつやまえき)は、愛媛県松山市南江戸一丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。駅案内パネルのコメントは「坊っちゃん、マドンナと道後温泉の駅」。1927年に高松方面から延びてきた予讃線の駅として開業したが、松山市内には既に1888年に開業していた伊予鉄道の松山駅が存在していた。国有鉄道を当時運営していた鉄道省では伊予鉄道に駅名改称を要求し、伊予鉄道は国鉄駅の名前を「伊予松山駅」とすればよいと反発した。鉄道省は伊予鉄の運輸課長を東京の本省に呼び出して圧力を掛けるなどし、結局伊予鉄側が折れて伊予鉄の駅を松山市駅に改称して松山駅の名前を国鉄に譲った。しかし国鉄の駅は市街地から離れていて、その後も松山における中心駅としての地位は松山市駅が占め続け、国鉄(→JR)の駅は長距離客のみ使用するものという雰囲気が形成され、現在に至る。現在JR線上に存在する都道府県代表駅(46駅)で最後に開業した駅となっている。駅舎は1953年に改築されたものである。エントランスの三角屋根は小説坊っちゃんの旧制松山中学や初代松山駅をイメージしたもので、これは2000年のリニューアルの際に新設されたものである。この時のリニューアル時には他にも改札口付近を木目調に改修、駅前にガス灯を設置するなどしており、レトロな雰囲気を漂わせている。高架化が計画されており、着工している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)