倉吉線鉄道記念館は、鳥取県倉吉市にある鉄道保存展示施設。






1985年(昭和60年)に廃止された国鉄倉吉線の記念館で、倉吉市が管理運営している施設です、が土曜日にも関わらず閉館しております。あはは。ここは打吹駅跡地で、向かい側の公園になっているところが打吹駅舎とホームがあった場所のようですね。ここのすぐそばに駐車して、重要伝統的建造物群保存地区に歩いて向かいます。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    倉吉線鉄道記念館 (くらよしせんてつどうきねんかん)は、鳥取県倉吉市にある鉄道保存展示施設。倉吉市が運営管理する。倉吉軽便鉄道として1912年(明治45年)に開通し1985年(昭和60年)に廃線となった日本国有鉄道(国鉄)倉吉線の記念館である。廃線跡を整備した「緑の彫刻プロムナード」の一角、途中駅の打吹駅跡地に館施設が立地している。館内は当時の写真パネル、信号機、資料等とともに貨車移動用ディーゼル機関車等を展示、および館の横に当時の蒸気機関車C11 75を静態展示保存する。なお、このC11 75は主に福知山線を走っていた車両である。また、このような記念館では珍しく、電気を利用者が点けるようになっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)