特別名勝「識名園」はユネスコの世界遺産に登録されている琉球庭園。




















































速い時間帯に訪れたのは正解でしたね。ユネスコの世界遺産に登録されているだけあって、静寂な中にも厳かな雰囲気でよかったです。中国の様式と沖縄独自の様式の折衷様式で建築されている庭園ですが「中国皇帝からの使者(冊封使)をもてなす、現在でいう迎賓館として使われた」とのことです。「第二次世界大戦で園内のほとんどの建造物が破壊されたため、現在見られるものは復元である」とのことですが、よくぞここまで復元できたものですな。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    識名園(しきなえん)は沖縄県那覇市真地にある琉球庭園の一つ。識名の御殿(しちなぬうどぅん)とも、また首里城の南にあることから南苑(なんえん)とも呼ばれた。造園は琉球の第二尚氏王朝、尚穆(在位・1752年 – 1795年)の時代に始まったと言われるが定かではない。完成は尚温の時代の1799年。中国の様式と沖縄独自の様式の折衷様式で建築されている。完成当時は中国皇帝からの使者(冊封使)をもてなす、現在でいう迎賓館として使われた。「勧耕台」と称する展望台があるが、海を望むことはできない。これは琉球をより大きな国に見せるためともいわれている。第二次世界大戦で園内のほとんどの建造物が破壊されたため、現在見られるものは復元(工期:1975~1995年)である。1941年、国の名勝に指定され、戦禍で壊滅後、1976年に再指定。2000年には国の特別名勝に指定され、同年12月にユネスコの世界遺産に登録。1999年以来、毎年11月3日(文化の日)には園内で識名園歌会(花ゆうな短歌会主催・那覇市教育委員会共催)が開かれ、短歌を楽しむ人達でにぎわう。また11月第4日曜日には、識名園友遊会(識名園友遊会実行委員会主催:真和志自治会長連絡協議会、那覇市教育委員会共催)が開催され、地域の伝統芸能発表が行なわれている。なお、敷地内に「育徳泉(いくとくせん)」という泉が湧く。そこに生える淡水産の紅藻類「シマチスジノリ」は国の天然記念物である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)