おもろまち駅は、那覇市おもろまち四丁目にある、沖縄都市モノレールの駅。





「おもろまち」は、米軍基地返還後の用地を再開発した新商業地区で「那覇新都心」「天久新都心」とも呼ばれているのだそうですな。



カトリック那覇教区であるカトリック安里教会が近接しております。司教座聖堂(カテドラル)はさっきまで居た県庁前駅付近にある開南教会なのだそうですわ。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    おもろまち駅(おもろまちえき)は、沖縄県那覇市おもろまち四丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。計画当時の仮称は「真嘉比駅(まかびえき)」であった。2003年(平成15年)8月10日:那覇空港駅 – 首里駅間開業と同時に開業。2014年(平成26年)10月20日:ICカード「OKICA」の利用が可能となる。2020年(令和2年)3月10日:ICカード「Suica」の利用が可能となる。相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。エスカレーター・エレベーターあり。モノレールと並走する国道330号(安里バイパス)の上に建つ。駅出口はおもろまち駅前交通広場、DFSギャラリア・沖縄への連絡通路となるペデストリアンデッキと接続している。駅西口に広がる「おもろまち」は、米軍基地返還後の用地を再開発した新商業地区で「那覇新都心」「天久新都心」とも呼ばれている。おもろまち交通広場にあるおもろまち駅前広場は沖縄本島中南部方面および那覇バスターミナルからの一部路線バスの起点・終点でもある。一方、駅東口の真嘉比地区は静かな住宅地であるが、ゆいレールの開通で利便性が増したことから現在再開発が進みつつある。駅到着時の車内チャイムは、沖縄民謡「だんじゅかりゆし」を編曲したものが流れる。那覇市役所建て替えに伴う仮庁舎時代は、自動放送に市役所の案内が追加されていた。駅前広場には、「天野株」と命名されたトックリキワタが植えられている。これは、琉球政府の農業技術者であった天野鉄夫がボリビアのオキナワ移住地を訪問した際に種子を持ち帰り、自宅で発芽に成功し、日本で初めて栽培に成功したものである。当駅は中国語(簡体字・繁体字)での公式表記が存在せず、案内ではアルファベット表記の「Omoromachi」がそのまま用いられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)