モダンな松江駅広場のクラシカルエレガントっすよ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


頭部に風見を備えたガス灯風の時計塔、クラシックモダンなデザインでございますですな。

さてさて、こちらはジャパニーズクラシカルなホーロー看板でございますですよ。



和風洋風のクラシカルエレガント対比ってことでヨロしゅーございますか?

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松江駅(まつええき)は、島根県松江市朝日町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅。島根県の県庁所在地である松江市の中心駅。特急や寝台列車を含めたすべての旅客列車が停車する。2面4線の島式ホームを持ち、行き違いが可能な高架駅。隣の東松江駅までは複線区間である。改札口は1ヶ所のみ。かつては、信号係の駅員が下りホームにいてホームの放送も行っていたがPRC化に伴い信号係は廃止され、現在は改札係が改札口から放送している。構内は島式のバスターミナルとなっており、バスはバスターミナル北側に進入口と退出口があり、構内は時計回りで走行する。バスターミナル北側から時計回りに10・11番、1 – 3番、7 – 9番の各乗り場があり、1 – 3番乗り場北側に1 – 3番乗り場と並行する形で4 – 6番の各乗り場がある。一畑電車北松江線の松江しんじ湖温泉駅へは、バスで15分程度である(市営バス・一畑バスが運行、日ノ丸バスは経由しない。)。早朝・深夜はバスが運行していないため、松江しんじ湖温泉駅とのバス連絡が困難である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
北海道地方
>>札幌市交通事業振興公社
>>札幌市交通局
>>道南いさりび鉄道
>>函館市企業局交通部
東北地方
>>青い森鉄道
>>弘南鉄道
>>津軽鉄道
>>由利高原鉄道
>>秋田内陸縦貫鉄道
>>三陸鉄道
>>IGRいわて銀河鉄道
>>山形鉄道
>>仙台空港鉄道
>>仙台市交通局
>>会津鉄道
>>阿武隈急行
>>福島交通
>>えちごトキめき鉄道
>>北越急行
関東地方
>>真岡鐵道
>>わたらせ渓谷鐵道
>>野岩鉄道
>>上毛電気鉄道
>>上信電鉄
>>秩父鉄道
>>埼玉新都市交通
>>埼玉高速鉄道
>>ひたちなか海浜鉄道
>>つくばエクスプレス
>>関東鉄道
>>鹿島臨海鉄道
>>銚子電気鉄道
>>芝山鉄道
>>千葉都市モノレール
>>流鉄
>>いすみ鉄道
>>小湊鐵道
>>東葉高速鉄道
>>北総鉄道
>>舞浜リゾートライン
>>山万
>>東京都交通局
>>東京さくらトラム
>>日暮里舎人ライナー
>>多摩都市モノレール
>>東京モノレール
>>東京臨海高速鉄道
>>ゆりかもめ
>>横浜高速鉄道
>>箱根登山鉄道
>>伊豆箱根鉄道
>>江ノ島電鉄
>>湘南モノレール
>>横浜シーサイドライン
>>横浜市交通局
中部地方
>>富士急行
>>上田電鉄
>>アルピコ交通
>>長野電鉄
>>しなの鉄道
>>伊豆急行
>>岳南電車
>>大井川鐵道
>>遠州鉄道
>>静岡鉄道
>>天竜浜名湖鉄道
>>豊橋鉄道
>>名古屋臨海高速鉄道
>>名古屋市交通局
>>愛知環状鉄道
>>愛知高速交通(Linimo)
>>長良川鉄道
>>明知鉄道
>>樽見鉄道
>>養老鉄道
>>福井鉄道
>>えちぜん鉄道
>>のと鉄道
>>北陸鉄道
>>IRいしかわ鉄道
>>万葉線
>>富山地方鉄道
>>黒部峡谷鉄道
>>あいの風とやま鉄道
近畿地方
>>三岐鉄道
>>四日市あすなろう鉄道
>>伊賀鉄道
>>伊勢鉄道
>>信楽高原鐵道
>>近江鉄道
>>京福電気鉄道
>>叡山電鉄
>>北近畿タンゴ鉄道
>>京都市交通局
>>嵯峨野観光鉄道
>>能勢電鉄
>>大阪モノレール
>>大阪メトロ
>>水間鉄道
>>阪堺電気軌道
>>和歌山電鐵
>>紀州鉄道
>>神戸新交通
>>神戸市交通局
>>神戸電鉄
>>北条鉄道
中国地方
>>若桜鉄道
>>智頭急行
>>一畑電車
>>広島高速交通
>>広島電鉄
>>錦川鉄道
>>水島臨海鉄道
>>岡山電気軌道
>>井原鉄道
四国地方
>>高松琴平電気鉄道
>>阿佐海岸鉄道
>>土佐くろしお鉄道
>>とさでん交通
>>伊予鉄道
九州地方
>>平成筑豊鉄道
>>筑豊電気鉄道
>>甘木鉄道
>>北九州高速鉄道
>>福岡市交通局
>>長崎電気軌道
>>島原鉄道
>>熊本電鉄
>>熊本市交通局
>>南阿蘇鉄道
>>くま川鉄道
>>肥薩おれんじ鉄道
>>鹿児島市交通局
>>沖縄都市モノレール
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。