粟屋駅は、広島県三次市粟屋町にあったJR西日本三江線の駅(廃駅)。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




2018年(平成30年)4月1日に三江線の廃止に伴い廃駅となった粟屋駅でございます。今もなおホームと線路は残されたままでございますね。江の川沿いの対岸を国道375号線が走っているのですが、この三江線に沿っている側の道路、ここはまだしも、この辺りから先は極めて酷道でございましてね。すれ違いもままならないような悪路でございますよ。そんな地理的にも厳しい場所に敷設されていた訳です、三江線は。廃止される前年までの粟屋駅の1日平均の乗車人員は0~1人とのことですから、そりゃあ廃止もやむを得なかったのでございましょう。廃線跡を利用しようにもこのロケーションではそれも無理がありますよね・・・。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    粟屋駅(あわやえき)は、広島県三次市粟屋町字下津河内3598番地にかつて設置されていた、西日本旅客鉄道(JR西日本)三江線の駅(廃駅)である。三江線の廃止に伴い、2018年(平成30年)4月1日に廃駅となった。三次方面に向かって左側(構内の北西側)に、単式1面1線のホームを持つ地上駅(停留所)であった。浜田鉄道部管理の無人駅であり、待合室を兼ねた駅舎がホーム上にあるだけの簡素な駅であった。乗車時は、直接ホームに入る形状になっていた。なお、自動券売機等は設置されていなかった。当駅は粟屋町内に存在した唯一の駅であったが、粟屋町の中心地自体は芸備線西三次駅がほど近く、当駅は粟屋の中心地からは数キロ離れていた(なお、かつて存在した芸備鉄道の粟屋駅は当駅とは別の場所に存在していたが、やはり粟屋の中心地からは数キロ離れていた)。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ