信州まつもと空港でヒヤヒヤ、神戸でうんざり。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。







Screenshot
信州まつもと空港
まつもと空港をすっぽり緑で囲んだ松本平広域公園「信州スカイパーク」は、さまざまな自然に包まれ、スポーツ、文化、情報の交流の拠点として数多くの多機能な施設が設けられています。

松本空港から神戸空港までFDAで戻ります。土曜日です。折からの大雨は西日本で甚大な被害が予想される状況となってしまいました。搭乗予定の便は福岡から松本に来て、折り返し神戸行になるんですが、拙者が松本空港に到着した時点でまだ松本に向かって飛行中っす。カウンターで、その便が松本空港に着陸できないと判断した場合、欠航となります、とのこと。その場合は松本駅からJRしか選択肢がなくなりますが、やはり上下線とも運休続出中。こりゃ帰れないおそれがありますな~。が、なんとか定刻に便は到着してくれました。とりあえずはほっとしました。ところがです。神戸空港が強風ならびに視界不良等で着陸できない場合、名古屋小牧空港に向かう、条件付運航になる、とのこと。まあ名古屋まで辿り着ければ1日余裕があるから月曜日の出社にはなんとかなるな、と観念しております。結果的には離陸が遅れはしたものの神戸空港に着陸することが出来ました。遅れは15分程度でしたね。FDAさんGJですわ。が、新神戸駅から新幹線のぞみ号に乗車したとたん、動きません。岡山から博多間の運転を見合わせます、現在各駅に列車が停車しているため、この列車も出発できません、運転再開の見込みは現在のところ不明です、と。結果、なんとか110分遅れで岡山に戻れましたけれど。なんとか無事に戻れただけラッキィっつうことですわ。この大雨、とんでもなく長く続く予報がでましたね。とりあえずは雨が止むことを祈るのみでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松本空港(まつもとくうこう、英: Matsumoto Airport)は、長野県松本市と塩尻市にまたがる地方管理空港。日本の空港の中では最も標高が高い場所に位置しており、長野県が設置・管理する。愛称は信州まつもと空港(しんしゅうまつもとくうこう)。1965年(昭和40年)7月16日に開港。1994年(平成6年)7月26日に滑走路が延長され、ジェット機が就航可能となったほか、新しい旅客ターミナルビルが供用を開始した。長さ2,000メートルの滑走路1本と旅客ターミナルビル、管制塔ビルなどの施設を備えている。駐車場はターミナルビル正面に300台と空港敷地外に220台分があり、いずれも無料で使用できる。愛称の信州まつもと空港は、長野県が公募で決定したもので、2004年7月4日から使用を開始した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ