臼杵駅の正面に鎮座している、臼杵石仏のレプリカ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




駅前には臼杵石仏のレプリカがデーンと鎮座しているのでございます。説明を見ると修復調査用に作成したものであるようですな。結構精巧に作られておりますですね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    臼杵駅(うすきえき)は、大分県臼杵市大字海添にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の駅である。臼杵市の代表駅で、全列車が停車し、普通列車の半数弱が当駅で大分方面へ折り返す。駅舎に接した相対式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線と留置線数本を有する地上駅で、ホーム間の連絡は階段しかない跨線橋で行うため1番のりば以外はバリアフリーには対応していない。JR九州サービスサポートが駅業務を受託する業務委託駅であり、みどりの窓口が設置されている。駅舎は1981年に改築された鉄筋コンクリート造の一部二階建てで、天窓を設けて採光を図っている。また、駅舎正面の壁は臼杵城の石垣をイメージしたものである。待合室には観光売店があり、臼杵の特産品を販売している。駅は市街地の端にあり、駅周辺にはホテルや飲食店などがある。商業地区の中心は駅から800メートルほど北西にある「辻」バス停の先、旧城下町地域の中央通り商店街一帯になる。小規模な店舗が多数あり、大型店はほとんど見られない。また駅から北側方向には市役所などの公共施設が多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ