屋根の上のバイオリン弾き、テヴィエを演じた森繁久彌の像。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




小田急線千歳船橋駅の改札口前、高架下の正面にございました像なんですが、屋根の上のバイオリン弾きのテヴィエ役を900回にわたり勤めた森繁久彌さんのブロンズ像でございました。テヴィエ像ではなくてテヴィエ役を演じている森繁久彌像だっていうのが凄いですわね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    『屋根の上のバイオリン弾き』(やねのうえのバイオリンひき、英語原題:Fiddler on the Roof)は、1964年のアメリカのミュージカル。ショーレム・アレイヘムの短篇小説『牛乳屋テヴィエ』を原作としている。テヴィエ(Tevye)とその家族をはじめとして、帝政ロシア領となったシュテットルに暮らすユダヤ教徒の生活を描いたものである。この作品には19世紀末のシュテットルの様子が良く描かれているという。日本では1967年9月6日、東京・帝国劇場にて初演された。テヴィエ役は1986年まで900回にわたり森繁久彌がつとめた。その後、テヴィエ役は上條恒彦、西田敏行、市村正親に移り、2013年には日生劇場で上演されている。日本版(東宝制作)の題名表記は『屋根の上のヴァイオリン弾き』である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ