東海道新幹線のぞみ号の車内で駅弁食べつつ、東京から京都へ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


近年とみに駅弁が充実し、かつ美味いものが多くなったので、以前にも増して車内で駅弁を食すことが楽しくなってしまっている拙者でございます。一日前の秩父長瀞でヘロヘロに疲れてしまっておりまして、そろそろ筋肉痛とかか出そうなのでございます。なので車内では京都まで睡眠タイムになるのでございますわw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当を指す。1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である。日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説ある。1885年(明治18年)7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」がこの日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んで販売した例が、前述のように最初とされる。そのため、宇都宮説による駅弁発売日である7月16日は「駅弁記念日」となっており、数多くの文献やウェブサイトが駅弁記念日を紹介する際に宇都宮説を紹介している。現在のような折詰に入った駅弁は、1890年(明治23年)に姫路駅でまねき食品が発売したものが最初との説がある。また農文協(社団法人 農山漁村文化協会)刊行の「日本の食生活全集 28 聞き書 兵庫の食事(1991)」にも「元祖・駅弁–姫路の『まねき』」と題する記述がある。最も一般的な販売形態は、駅構内やホーム上にある駅弁調製業者の売店で店頭に置いて販売している形である。調製業者が経営する駅構内の立ち食いそば・うどん店、キヨスクなど調製業者以外が経営する売店などが扱っている場合もある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ